資格の総合スクール [LEC渋谷駅前本校] スタッフ&合格者ブログ

資格の総合スクール!LEC渋谷駅前本校です。まじめに、可笑しく、資格試験に役立つ情報や事務局裏側などを発信していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最大決平成25年9月4日について②

どうも、村田です!
前回からかなり空いてしまったのですが、いい加減9月4日の大法廷決定の続きを書かなくてはなりません。
やはりあまり期待はせず、鵜呑みもせず、軽く読み流していただければと思います。

どういう理由で民法900条4号但書(以下、「本件規定」)を違憲としたかは以前書いた通りですが、最高裁が違憲と判断した基準時である平成13年7月(以下、原文を除いて「基準時」)以降の相続事案をどうするかについての問題が新たに生じることになります。
学説上、裁判所が違憲とした法令の効力については、当該事例に限って無効になるという個別的効力説と、客観的に無効になる一般的効力説がある、ということは皆さんご存じかと思います。では判例はどうかというと、どちらかを採ると明言している判例はないようです。以上を一応の前提として、本決定を見てみましょう。

まず、本件規定を合憲として判断した以前の最高裁判決・決定との関係ですが、本決定によるとそれらの判断は基準時「以前」に相続が開始した事件についてその相続開始時点での合憲性を判断したものであり、本決定はそれらの判断を変更するものではないとしています。
M2のように、択一の出題を研究しているわけではないですが、「最高裁は以前民法900条4号但書について合憲の判断を下していたが、その後判例を変更して違憲と判断した」というような肢があれば×ですね。

さて、ここからが本論です。
まず、本決定は原則論として、
「憲法に違反する法律は原則として無効であり、その法律にも基づいてされた行為の効力も否定されるべきものからすると、本件規定は、本決定により遅くとも平成13年7月当時において憲法14条1項に違反していたと判断される以上、本決定の先例としての事実上の拘束性により、上記当時以降は無効であることとなり、また、本件決定に基づいてされた裁判や合意の効力等も否定されることになろう」
としています。この論理でいくと、例えば基準時以降に相続が開始した事案で、、平成18年に裁判所に持ち込まれた事案で本件規定に基づいてなされた判決は効力が否定されるということになります。(ただ、本決定以前に判決が出されている以上、この判決との関係で本決定を「先例」と言うのが適切なのかはよくわかりませんが)
これがどの学説に当てはまるかという疑問が出てくるかもしれませんが、判例をそのまま理解するのがよろしいかと思います。

しかし、この原則論を貫くと不都合が生じてしまいます。最高裁はこの点について、
「本件規定は、国民生活や身分関係の基本法である民法の一部を構成し、相続という日常的な事象を規律する規定であって、平成13年7月から既に約12年もの期間が経過していることからすると、その間に、本件規定の合憲性を前提として、多くの遺産の分割が行われ、更にそれを基に新たな権利関係が形成される事態が広く生じてきていることが容易に推察される。・・・それにもかかわらず、本決定の違憲判断が、先例としての事実上の拘束性という形で既に行われた遺産の分割等の効力にも影響し、いわば解決済みの事案にも効果が及ぶとすることは、著しく法的安全性を害することになる」
と述べています。ここは読んでいただければ「そりゃそうだ」と思っていただけると思います。特に土地とかが絡んでくるとかなりややこしいことになりそうですよね。

そこで、最高裁は、
「本決定の違憲判断は、A(引用者注:本件で問題になった被相続人です)の相続開始時から本決定までの間に開始された他の相続につき、本件規定を前提としてされた遺産の分割の審判その他の裁判、遺産の分割の協議その他の合意等により確定的なものとなった法律関係に影響を及ぼすものではないと解するのが相当である」
としました。

以上、この判例について少しは理解の助けになったでしょうか?
本文でも長めに引用しましたが、ぜひこの機会に「判例の原文に当たる」という経験をして頂ければと思います。
嫡出子と言えば、先週26日に別件で最高裁の判断が示されてましたね。(こちらは小法廷ですが)
そちらも近々紹介の記事を上げたいと思います。
では!
スポンサーサイト
  1. 2013/09/30(月) 10:34:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ロースクール既習コース合格後入学前の勉強 | ホーム | 友人・情報の重要性>>

コメント

いつもありがとうございます。
判例百選だと、執筆者が、適当に判決文をぶったぎってしまい、私は百選が嫌いです(笑)。

きちんと判決理由を丁寧に読めば、まだまだ一般人には難しい文章ですが、納得出来ますよね。

悩みながら緻密な利益衡量や、反対説への反論等々がなされ、法源となる事の重みを感じます。

私達は法曹志望ですから、如何に紛争解決を法律でやるか。法律を使いこなす訓練が大事ですね。

旧司法試験の残念だったところは、論点学習と学説論争、判例への安易な批判だったと思います。

第一回新司法試験合格者の弁護士が、参議院議員になったそうですが、法務委員会所属で給費制復活や三振博士の就職支援、試験制度の改革に意欲的だそうです。
一人の議員では厳しいでしょうが、良い形で司法試験制度が安定するのを願ってやみません。

また様々有益な情報宜しくお願い致します。
ありがとうございました!

  1. URL |
  2. 2013/09/30(月) 17:00:02 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!村田です。
僕もあまり判例百選は好きではないですね。先生から指示された部分しか読んでなかったです。

実務家を志望する以上は、判例はまずルールであるということを念頭において勉強するべきであって安易に批判するべきではないですよね。今年の司法試験の民法・民訴で敢えて判例を載せたことにもそういうメッセージが表れているのではないでしょうか。

議員の方にも弁護士資格を持っている方がたくさんおられますが、実際に新制度を経験している者ではないと分からないこともあるだろうと思います。そういった意味で、その新司合格者の議員の方にはぜひその経験を活かして頂きたいなぁと思います。
こちらも貴重な情報を頂き、ありがとうございました!

> いつもありがとうございます。
> 判例百選だと、執筆者が、適当に判決文をぶったぎってしまい、私は百選が嫌いです(笑)。
>
> きちんと判決理由を丁寧に読めば、まだまだ一般人には難しい文章ですが、納得出来ますよね。
>
> 悩みながら緻密な利益衡量や、反対説への反論等々がなされ、法源となる事の重みを感じます。
>
> 私達は法曹志望ですから、如何に紛争解決を法律でやるか。法律を使いこなす訓練が大事ですね。
>
> 旧司法試験の残念だったところは、論点学習と学説論争、判例への安易な批判だったと思います。
>
> 第一回新司法試験合格者の弁護士が、参議院議員になったそうですが、法務委員会所属で給費制復活や三振博士の就職支援、試験制度の改革に意欲的だそうです。
> 一人の議員では厳しいでしょうが、良い形で司法試験制度が安定するのを願ってやみません。
>
> また様々有益な情報宜しくお願い致します。
> ありがとうございました!
  1. URL |
  2. 2013/10/01(火) 16:49:00 |
  3. lecsbe #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lecsbe.blog40.fc2.com/tb.php/102-58bf742a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

lecsbe

Author:lecsbe
LEC渋谷駅前本校

渋谷区道玄坂
渋東シネタワー10階

TEL 03-3464-5001

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (317)
初めての渋谷駅前本校 (2)
必見イベント! (12)
ロースクール入試 (1)
講座案内 (5)
司法試験 (12)
司法修習 (2)
予備試験 (0)
公務員 (80)
渋谷駅前事務局 by T本 (13)
行政書士 (9)
弁理士 (8)
司法書士 (3)
Youtube動画 (1)
予備試験・司法試験・法科大学院 (2)
公認会計士 (1)
社会保険労務士 (3)
宅建士 (0)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。